エネオスカードのおすすめポイントとデメリット

エネオスカードは、私の友人も実はブラックで(^^; エネオスカードを作れたのでその経緯と、デメリットやおすすめポイントをまとめていきます。

 

まずはじめに、エネオスカードのおすすめポイントは、

 

  • Cカードはガソリン最大7円割引
  • Pカードはポイント3%還元
  • Sカードは年会費無料
  • ネット入会で100リットルまで2円割引
  • ETCカードが作れる
  • レッカー移動10kmまで無料
  • 路上修理30分まで無料
  • カーコンビニ倶楽部での修理5%OFF
  • オリックスレンタカー利用10%OFF

 

などなどです。

 

そもそもエネオスカードは、3種類のカードがあります。
Cカードが一番人気で、ガソリンが最大7円割引になります。

 

Cカード、Sカードはポイント還元が1000円で10ポイントなのに対して、Pカードは3倍の30ポイント付きます。 このポイントは給油の際に、1000ポイント貯まると1000円割引で使うことができるのでCカード同様、ガソリンが実質割引になります。

 

Sカードのメリットは、年会費がずっと無料なだけですが、ガソリンの給油や軽油の購入でポイントが付きますので、Pカード同様に割引になります。

 

エネオスカードはもしもの時のロードサービスも充実していますので、車に乗られる方はガソリンが高くなっているこのご時世、オトクに給油をすることができます。

 

 

エネオスカードのデメリットは、

 

 国内旅行傷害保険や海外旅行の保険が付いていないこと

 

です。

 

ロードサービスの充実はかなりのものがありますが、国内や海外旅行時の保険が付いていませんので、エネオスカードしかお持ちではない方で国内や海外旅行に行かれる際には、他の保険に加入されるか、国内や海外旅行傷害保険付きのクレジットカードにお申込みしていただかないといけません。

 

またネットショッピングの保険も付いていませんので、エネオスカードをネットショッピングの決済に使用される場合は、万が一の時の保険が付いていませんので、こちらもネットショッピング保険付きのカードをお申込みになるか、バーチャルプリペイドカードのご利用をおすすめします。

 

このようにエネオスカードは、ガソリン割引やロードサービスがあるのでオトクな反面、それ以外の部分ではデメリットもありますので、サブカードとしての利用をおすすめします。

 

 

ガソリン最大7円割引&ロードサービスが充実のENEOSカードはこちら↓↓↓