ブラックの定義って?

そもそもブラックの定義って?

ブラックブラックいうけれど、そもそもブラックってどういう人がブラックなのでしょうか?

 

私が思うに、

 

  • 消費者金融の借金を踏み倒している
  • クレジットカード会社の借金を踏み倒している
  • 借金を少しずつ返しているところ
  • 借金返済まであと少し

 

などなど、クレジットカードのリボ払いやローン以外の借金がある方がブラックというのではないかと思います。

 

クレジットカードの審査に申し込んでも通らない方は、ブラックである可能性が高いです。 1社のクレジットカードに申し込んで審査に落ちたからといって、何度も申し込んでもどの会社も通らないと思います。

 

私の場合は運よく、楽天カードに申し込んだら通りましたが、ほとんどのブラックの人は、審査に通りやすいと言われている楽天カードすら、審査に落ちる場合が多いです。

 

このブログから、楽天カードやイオンカードセレクトに申し込んだ方の約2割の方しか審査に通らないという現状です。

 

楽天カードやイオンカードセレクトに申し込んで、審査に落ちた場合、信用情報機関の申込み履歴が消える、半年後をめどに再度申し込んでみましょう。 クレジットカードは審査に落ちてから、半年空けるのが妥当です。

 

ちなみに私は5年以上前に、1社の借金を踏み倒しています。 信用情報機関に履歴がもう残ってなかったのかどうか、開示してないのでわからないのですが、でも運よく楽天カードの審査に通ったのでよかったです。

 

このブログで紹介しているクレジットカードを申し込んだら、必ず通るわけではありません。  審査に落ちると、半年間の申し込みはおすすめしませんので、ご了承のうえご検討下さい。

管理人はどれだけブラックだったのか

 

このページでは、私がどれだけブラックだったのかをまとめていきます。 データは当時のものです。

 

  • 男性:44歳フリーター
  • フリーターで勤続5年
  • 年収約200万円
  • 賃貸アパートに1人暮らし4年
  • 1社の借金を大絶賛踏み倒し中
  • 信用情報機関(CICなど)は開示していない

 

フリーターの収入の他にも自営業で収入がありましが、微々たるものでした。

 

クレジットカードを作るまでは楽天銀行のデビットカードを使用していて、公共料金の引き落としやネットで買ったものの決済など、デビットカードが使用できないこともあり、ブラックな自分でもクレジットカードが作れないかと思い、いろいろ調べてクレジットカードを申し込んでみました。

 

申し込んでみたらなんと、楽天カードの審査に通過し、夢にまで見たクレジットカードを手に入れることができました。\(^o^)/

 

みなさんにもこの気持ちを味わっていただき、クレジットカードが使える便利な生活を送っていただきたいと思います。

 

 

【ブラックでも審査に通った!】楽天カードはこちら